アルバイトがキャッシングの審査に通るには

アルバイトは収入が不安定なのでキャッシング審査には通らないと言われていますが、現実には審査に通ることは十分可能です。ただし、銀行以外からの借り入れについては総量規制で借入金額の上限が決められています。年収の3分の1までで、例えばアルバイトで月に10万円の収入がある方は年収120万円の3分の1で、総額40万円ほどになります。実際には上限ギリギリまで融資する業者はありませんので、40万円の融資は受けられないでしょう。
会社員の方でもアルバイトの方でも、融資を受けられなくなる条件は同じです。過去5~10年以内にローンを2ヶ月以上延滞したり、携帯電話の料金支払いの延滞があった方、破産や任意整理をした方は金融事故として信用情報に記録が残されていますので、融資を受けることは難しいでしょう。さらに、他社への返済を目的とした借り入れはおまとめローンを除き、基本的に認められません。他社の借り入れが3社以上ある方も審査の通過率は大きく下がります。
他にも年齢や年収が低いことや、勤続年数の短さなどを理由に融資額が抑えられる可能性がありますが、受けられない結果になることは殆どありません。アルバイトの方もキャッシングを問題なく利用できますが、金利の支払いがありますし、融資を受けている最中に収入が大きく減少する可能性もありますので、会社員の方以上に利用は慎重に行うべきです。返済計画に無理は無いかをもう一度検討してみましょう。